さんぽキッズタイトル

<~さんぽキッズの理念~>

私たちの法人では、2001年から、主に小学生を対象とした自然体験活動を続けてきています。その活動を通して伝えてきたことは、自然を恐れず侮らず、自然の中で自由に遊べる子どもになってほしいということでした。生活が自然と隔絶してしまっている昨今、以前に増して、幼少期の自然の中での体験が必要になってきていると感じています。 高槻には、豊かな自然がたくさん残るすばらしい里山があります。その里山の自然を「物事への先入観がない、できるだけ小さいうちに、保護者の方も一緒に体験してほしい」という思いから、このさんぽキッズはうまれました。

さんぽキッズイメージ

2017年度 さんぽキッズ 通年プログラム

期  日 2017年4月~2018年3月まで 毎月第1,2,3金曜日(8月はのぞく)
募集定員 10組
対象年齢 2歳児(平成26年4月~27年3月生まれ)と保護者
場  所 高槻市原周辺 (拠点はデイサービスセンター晴耕雨読舎)
時  間 午前10時~午後1時
持ち物など 服装は、動きやすく、汚れても良い格好で。昼食としておにぎりを後持参ください。
※雨の場合も活動を実施します。雨が降りそうなときは、雨具、長靴などご用意ください。
参加費用 一期
(4-7月)
会員 21,600円 非会員 24,000円(活動12回)
二期
(9-12月)
会員 21,600円 非会員 24,000円(活動12回)
三期
(1-3月)
会員 16,200円 非会員 18,000円(活動9回)
通期 会員 57,000円 (活動33回)
1回ごとの参加
会員 2,000円 非会員2,200円
備考 (費用にはプログラム費、保険料、材料費、数回分の食費が含まれます。参加費用は一括振込みとします)
※初回のみ体験として無料で参加していただけます。(説明会参加者以外)
※会員になるには、年会費3000円/人が必要です。(保護者だけの登録で結構です。)
※1期もしくは通年でお申し込みの場合、事前に参加できない日程がわかっている場合はご相談ください。料金から回数分を引かせていただきます。

活動内容

第一期 ~春から夏~(4月~7月 計12回)
里山の体験:原地域の散策、あぜ道を歩こう、フレンズパークに遊びに行こう、摂津峡で川遊び、虫や生き物とのであい、モリアオガエルに会いに行こう、など
畑の体験:土いじり、おじいちゃん・おばあちゃんに教えてもらおう、夏野菜づくりと収穫、みんなで食べよう

第二期 ~秋から冬~(9月~12月 計12回)
里山の体験:紅葉を見に行こう、田んぼを歩こう、落ち葉焚き、どんぐり拾い、おもちつき、しめ縄づくり
畑の体験:土いじり、秋冬野菜(ダイコン、白菜など)づくり、サツマイモ掘り

第三期 ~冬~(1月~3月 計9回)
里山の体験:焚き火、春をさがしてお散歩、山登り、棒パン、味噌づくり
畑の体験:土いじり、お花を育てよう

さんぽイメージ2

お申込方法・場所

地図(1)電話予約
072-689-9112までお電話、もしくはメールで予約をして下さい。受付時間は月~金9:00~18:00です。

(2)申込書の送付
参加申込書と参加者原簿(健康調査票)に必要事項をご記入の上、NPO法人たかつきまでFAX(072-658-1012)もしくは郵便にてお送りください。

(3)参加費用の振込み
郵便振替、または銀行振込(振込み手数料はご負担願います)でお願いいたします。
郵便振替:00990-5-129834
(加入者名)特定非営利活動法人たかつき
銀行振込:りそな銀行 高槻支店 普通預金
口座番号4130856 特定非営利活動法人たかつき

(4)お申込完了
入金確認後、詳しい資料をお送りいたします。

▲PageTop

『たかつき子供自然体験学校』は、
身近な山や野原・畑で植物や生き物とのふれあいを通して、
自然の楽しさや不思議さ、怖さを知り、
自然の中で心をひらいて
自然とつながれる子を育てます。

-幼稚園年長~小学校低学年向けプログラム-

イメージ<コースのねらい>
環境教育の研究では、幼少期の自然体験は将来の環境に対する行動の大きく影響すると言われています。特に小学校低学年の時期には,自然の中で友人や大人達と共に過ごす直接体験による感性学習が大切です。自然の中での友情や大人達からの愛情は、子供達が友達や生き物達に注ぐ愛情や信頼感につながります。NPO法人たかつきでは、子供達が楽しみながら自然体験をできるよう、拠点となる高槻市阿武山の自然を知り尽くした指導員が、野菜作り、山菜取り、昆虫採集、スリスマスリース作りなど四季折々の自然体験活動を行います。

2017年度 野外環境教育 通年プログラム

期  日: 2017年4月~2018年3月末までの毎月 第3日曜日(8月のキャンプは6-8日
(※詳細は下記のスケジュールをご覧ください)
募集定員: 20名
対象年齢 幼稚園年長~小学生
場  所 高槻市阿武山周辺 キャンプ・第三期の雪遊びは京都府美山町で行う
時  間 午前10時~午後3時(お弁当が必要です)
参加費用 一期・二期 会員 16,000円 非会員 18,000円(日帰り4回)
三期 会員 20,500円 非会員 22,500円
(日帰り3回/内1回京都美山遠征)
通期 会員 50,000円
(1期・2期・3期の参加費 ※キャンプは含まない)
1回のご参加 会員 4,500円 非会員 4,750円
(2月の雪山遠征は14,000円・15,500円)
キャンプ 会員 29,000円+交通費6,000円
非会員 31,000円+交通費6,000円
(京都府南丹市美山町2泊3日/食費含む)
備考 (費用にはプログラム費、保険料、材料費、数回分の食費が含まれます。参加費用は一括振込みとします)
※初回のみ体験として無料で参加していただけます。
※会員になるには、年会費3000円/人が必要です。
(兄弟の場合は2人目以降1,000円)
※1期もしくは通年でお申し込みの場合、事前に参加できない日程がわかっている場合はご相談ください。料金から回数分を引かせていただきます。

活動内容

第一期・・・~春から夏~(4月~7月) 冒険・発見の旅 (日帰りプログラム4回+標本づくり仕上げ(8月)半日)
山の体験:自然の中での様々な発見、気づきを体験します。7月には恒例の昆虫博士を招いての昆虫標本作りを行います。 畑の体験:土づくりと野菜の植付け、収穫を体験します 【山菜発見・昆虫発見・山の散策・夏野菜に挑戦、昆虫標本づくり 等】

キャンプ・・・夏のキャンプ体験の旅(2泊3日)
京都府美山町の古寺で宿泊。現地の自然体験活動団体との連携で川遊びやナイトハイク、野菜収穫体験などで田舎暮らし体験をしながら豊かな自然を満喫します。

第二期・・・~秋~ 創造・創作の旅(9月~12月)(日帰りプログラム4回)
山の体験:山の素材を生かして創意工夫をし、考えるものづくりを体験します 畑の体験:冬に備えて考えた野菜を植え付けます 【どんぐり遊び・秋の実り発見・リース・しめ縄作り・大根づくり・もちつき 等】

第三期・・・~冬~ 自分づくり、自己表現の旅(1月~3月)(日帰りプログラム3回 内遠征1回)
※2月は京都府美山町で冬の田舎体験
山の体験:今までの自然の中での経験を土台に、自活の知恵を学びます また、2月には京都府美山町まで遠征し、冬の里山の自然を体験します

▲PageTop

このプログラムでは自然の中で、
子どもたちが自主的に考え行動します。
フィールドは山と野原と畑。
何をするか決めるのは子どもたち。
身近な自然の中で、自由に自分達の知恵を生かして遊び、
体験から学ぶ子どもを育てる環境教育プログラムです。

-小学生向けプログラム-

イメージ<コースのねらい>
里山わんぱく冒険隊の目的は、子どもたちの自主性を高め、自分で考え行動できる自立した心の強い子を育てることです。毎回の活動は、里山でさまざまな道具や、畑、樹木、池などの資源を駆使し、自分たちで工夫して遊びや仕事を考え出し、グループで協力してやりきります。自然は原則に従って営まれています。自然の法則の中で、子どもたちがさまざまな体験や失敗を通して生き物や植物、自分の周りの環境のことを知り、自ら考え行動できる人間に成長していくことを目指しています。

2017年度 野外環境教育 通年プログラム

期  日 2017年4月~2018年3月末までの毎月 第4日曜日(8月のキャンプは6-8日、2月は第3日曜日)
(※詳細は下記のスケジュールをご覧ください)
募集定員 15名(最小実施人数6名)
対象年齢 小学生
場  所 高槻市阿武山周辺 キャンプ・第三期の雪遊びは京都府美山町で行う
時  間 午前10時~午後3時
参加費用 一期・二期 会員 20,000円 非会員 22,000円(日帰り4回)
三期 会員 22,500円 非会員 24,500円
(日帰り3回/内1回京都美山遠征)
通期 会員 57,000円
(1期・2期・3期の参加費 ※キャンプは含まない)
1回のご参加 会員 5,500円 非会員 6,000円
(三期の雪山遠征は14,000円・15,500円)
美山夏キャンプ 会員 29,000円+交通費6,000円
非会員 31,000円+交通費6,000円
(京都府南丹市美山町2泊3日/食費含む)
備考 (費用にはプログラム費、保険料、材料費、数回分の食費が含まれます。参加費用は一括振込みとします)
※初回のみ体験として無料で参加していただけます。
※会員になるには、年会費3000円/人が必要です。
(兄弟の場合は2人目以降1,000円)
※1期もしくは通年でお申し込みの場合、事前に参加できない日程がわかっている場合はご相談ください。料金から回数分を引かせていただきます。

里山でできること

楽しみ方はいろいろ選ぶのは子ども達自身です
春~夏 キャンプ
山菜とり・ハイキング・虫捕りなど・カブトムシわなづくり 川遊び・虫捕り大作戦・基地づくり・かまどでご飯炊き・ナイトウォーク・ハイキング・魚釣りなど アケビとり・ツルとり・クリスマスリースづくり・栗ひろいなど しいたけ栽培・落ち葉拾いなど
種まき・苗の植付け・土づくり・間引き・水やり・収穫など イモほり・種まき・収穫など 土づくりなど
▲PageTop

<ディレクター紹介>

<ディレクター> 石神洋一

ディレクターイメージ 日本の大学を卒業後アメリカオハイオ州オハイオ大学大学院で環境学修士課程を修了。その後環境緑化を行なう民間企業に就職し、都市における緑と人の関係を学ぶ。
 2001年5月からNPO法人たかつき代表理事として、普段は老人デイサービスセンター「晴耕雨読舎」所長として高齢者介護に従事。園芸福祉・園芸療法に関わる講演活動や講座開催も行う。園芸療法士。
 顔の出来具合上子ども達は“コアラ”と呼ぶ。一児の父。

<ディレクター> 石神裕美子

ディレクターイメージ 大学を卒業後、児童福祉施設や精神障害者作業所などの福祉現場で職員としてキャリアを積んだ後、2001年からNPO法人たかつき職員。現在は、「園芸療法士」としてNPO法人たかつきが運営するデイサービス・街かどデイハウスだけでなく、特別養護老人ホームや精神病院などでの園芸療法を担当している。2004年から里山わんぱく冒険隊ディレクター。子どもたちの「やってみたい」が「できた」に変わった時の笑顔が楽しみ。子どもたちからはミユと呼ばれる。1児の母。

▲PageTop